AQUEST Text To Speech Technology
MENU
AQUEST

AquesTalk-KM

「AquesTalk-KM」は小型IoT機器向けの省リソースの日本語テキスト音声合成ミドルウェアです。
ローエンドのマイコンでも、漢字仮名混じりのテキストからの音声合成が可能です。

特徴

外付けRAM不要
処理に必要なRAMが21KBと少ないため、マイコン内蔵のRAMで動作します。
また、このRAM領域は音声合成終了後は他の機能で使用可能な設計になっています。
小さいコードサイズ
業界最小のコード・データサイズにより、デバイスのROM領域を圧迫しません。
少ないCPU負荷
Cortex-M0から動作しますので、電池駆動など省電力を重視するデバイスにもお使いいただけます。
OS不要
ファイルシステム、ヒープ、STL、例外などを使用していないため、OS無しのデバイスにも簡単に導入可能です。
用途に応じた3つの辞書サイズ
辞書データは外付けのSPIフラッシュやSDカードメモリに配置します。 主に地名等の固有名詞の語彙数が異なる3サイズの辞書を用意しました。 用途やデバイスリソースによって選択できます。

仕様

製品名 AquesTalk-KM
CPU Cortex-M0相当以上
処理量 8 DMIPS
コードサイズ 70KB
RAMサイズ 21KB
辞書サイズ 2MB/3MB/7MB(約10/17/38万語)
SPIフラッシュや SDカードなどの外付けメモリに配置
OS 不要
エンジン AqKanji2Koe-M + AquesTalk pico
入力データ形式 漢字かな混じり文テキスト(UTF8/UTF16)
音声出力 8KHz/10KHzサンプリング 16bitPCM
声種 女声4種/男声1種/ロボ声2種から選択
関数I/F C関数呼び出し
その他 ヒープ、STL、例外、浮動小数点コプロセッサは不要


AquesTalk-KMターゲット・構成

提供方法

AquesTalk-KMは、お客様の環境にあわせて都度ライブラリをビルドして提供するカスタム製品です。
ライセンス費用等についてはお問い合わせください。
なお、下記製品にAquesTalk-KMミドルウェアが組み込まれています。

製品名 説明
AquesTalk ESP32 Espressif Systems製ESP32用の音声合成ライブラリ(.a形式)