AQUEST Text To Speech Technology
MENU
AQUEST

PicoRomWriter - 音声合成LSI 設定ツール

AquesTalk pico LSIの各種設定を行うツールです。
設定はAquesTalk pico LSIの内蔵EEPROMに書きこむことで行いますので、 ターミナル等からWコマンド(内部EEPROM書きこみコマンド)でも設定できますが、本ツールでこれを簡単に行うことができます。
なお、音声記号列の指定方法などは、AquesTalk pico LSIのデータシートを併せて参照してください。

対象LSI

ATP3010F4,ATP3011XX-PU, ATP3012XX-PU (一部制約あり。下記の特記事項参照)

動作環境

Windows XP, Vista, Windows7
PCのCOMポート経由でAquesTalk pico LSIとシリアル通信できること

構成(ハード)

Arduino UNO基板にAquesTalk pico LSIを挿して、USBでPCに接続するのが、最も簡単な方法です。
picoromwriter構成
PCにシリアルポートがあれば、レベルコンバータを経由してAquesTalk pico LSIのTXD/RXD端子に接続することもできます。 なお、AquesTalk pico LSIのUARTに限らずSPI,I2Cのシリアル通信でも使用することができます。ただし、何らかのハードとソフトでPC側のCOMポートに仮想的に接続する必要があります。一つの方法としては、Arduinoにスケッチを記述してUSB->SPIやUSB->I2Cを実現することも出来るでしょう。このとき、AquesTalk pico LSIの通信モードがSPIやI2Cになるよう端子設定を忘れずに行ってください。

ダウンロード

本サイトからダウンロードしたソフトウェアの全部ないし一部の再配布はできません。
恐れ入りますが、動作や結果に関しては無保証とさせて頂きます。
download Ver.1.1
download Ver.2.0 (β版)

インストール&起動

ダウンロードしたパッケージを任意のフォルダ*に展開して、PicoRomWriter.exeを実行するだけです。
なお、レジストリは使用していませんのでアンインストールは本パッケージのファイルを削除します。
* Vista, Windows7では、Program Files などの保護されたディレクトリ以外に展開して実行してください。

基本的な使い方

1. 初期設定
①COMポートに、AquesTalk pico LSIを接続しているCOMポートの番号を指定します。
②COM baudは、デフォルトでは9600bpsを指定します。AquesTalk pico LSIのボーレート設定を変更した場合は、それに合わせます。

2. 読み込み(AquesTalk pico LSI->PicoRomWriter)
⑤Readボタンを押下して、現在のAquesTalk pico LSIの設定情報を読み込みます。AquesTalk pico LSIが正しく接続されていない場合はエラーメッセージが表示されます。

3. 変更
各種のパラメータを必要に応じて変更します。

4. 書き込み(PicoRomWriter->AquesTalk pico LSI)
③Writeボタンを押下して、画面に表示されているパラメータをAquesTalk pico LSIのEEPROMに上書きします。

機能説明

メニュー

ファイル>新規作成
画面のパラメータを初期化します。
ファイル>開く
ファイル保存したパラメータファイル(HEX)を読み込み、画面のパラメータに設定します。
ファイル>上書き保存
画面のパラメータを編集中のファイル名で保存します。このフォーマットはEEPROMの内容をHEX形式でダンプしたものと同じになります。
ファイル>名前を付けて保存
画面のパラメータを任意のファイル名で保存します。このフォーマットはEEPROMの内容をHEX形式でダンプしたものと同じになります。
編集>切り取り
選択している文字列をカットします。
編集>コピー
選択している文字列をクリップボードにコピーします。
編集>貼り付け
クリップボードの文字列をキャレット位置に追加します。
picoromwriter panel

基本設定&操作

①COM
AquesTalk pico LSIに接続しているCOMポート番号を指定します。COMポート番号は、WindowsOSのデバイスマネージャ等で確認してください。
②COM baud
AquesTalk pico LSIに接続しているCOMポートのボーレートを指定します。デフォルトでは9600bpsを指定します。
③Write
画面のパラメータの内容でAquesTalk pico LSIのEEPROMを上書きします。
④Verify
画面のパラメータとAquesTalk pico LSIのEEPROMの内容の一致を調べます。
⑤Read
AquesTalk pico LSIのEEPROMの内容を読み込み、画面のパラメータに反映します。

画面のパラメータ

⑥UART boud
シリアル通信UARTのボーレート。単位[bps] デフォルトは9600bps
⑦I2C Addr
シリアル通信I2Cのスレーブアドレス。0x08~0x77の間で指定します。デフォルトは0x2E
⑧Speed
発話速度。50~300の間で指定します。値が大きくなるほど発話速度は速くなります。デフォルトは100
⑨Last Pause Length
文末のポーズの長さ。メッセージコマンドで音声出力したときの最後のポーズの長さを指定します。自動の場合には65535を指定します。もし、連続して発声することがなく発声の終了後のポーズ(無音)を待たずにコマンド応答を取得したい場合は、256などの小さい値を指定します。
⑩Developer only
弊社テスト用です。
⑪音声記号列
スタンドアロンモード、デモモードで動作させる時のプリセットメッセージをここで指定します。 ローマ字の音声記号列で表記する必要があります。No.0~No.14までの15種類のメッセージを記述します。 メッセージの長さは、各メッセージあたり最大127文字までであり、さらにメッセージ全体で960byte(文末のNull終端含む)に制限されています。行をクリックして選択(文字の背景が青になる)してから再度クリックすることで内容を編集することができます。 "#J"または"#K"を指定すると、チャイム音J/Kが鳴ります。
⑫Save
すべての音声記号列をファイルに出力します。音声記号列を外部のエディタ等で編集したり、音声記号のパタンを用意する場合に便利です。
⑬Load
ファイルからすべての音声記号列を読み込みます。
⑭Test
選択(文字の背景が青)中の音声記号列を音声合成して出力します(AquesTalk pico LSIでなく、PCのオーディオから発声されます)。音声記号を編集したときはこのボタンの押下で正しく合成できるか確認してください。

Chime 1(チャイムコマンド#Jの音を設定します)

⑮[チャイム設定名]
予めプリセットされているチャイム音を選択します。
⑯Save As...
現在のチャイム音のパラメータを名前をつけて保存します。
⑰[チャイム波形]
チャイム音で使用する波形が表示されます。アンカーを縦にドラッグすることで変更できます。
⑱Period
チャイム音で使用する波形のサンプル数を指定します。チャイム波形のサンプル数はここで指定した値になります。 チャイム音の音の高さはここで設定します。
⑲Max Length
チャイム音の最大長さを指定します。ただしReleaseパラメータが小さいと指定した長さより短くなります。
⑳Release
チャイム音の音量が減衰する速さを指定します。値が大きいほどゆっくり減衰します。
(21)Test
チャイム音を合成出力します(AquesTalk pico LSIでなく、PCのオーディオから発声されます)。

[Chime 2]は チャイムコマンド#Kの音を設定します。Chime 1と機能は同じです。

特記事項

ATP3011F4, ATP3011F1, ATP3011M6, ATP3011R4
⑥UART boud の指定は無視されます。ボーレートは'?'による自動設定のため。

ATP3012F5, ATP3011F1, ATP3011M6, ATP3011R4
⑭Testボタンで出力される音声の声種はF4のため、実際のデバイスの合成音声とは異なります。

ATP3012F5
デバイスから出力されるチャイム音は、(21)Testボタンの出力の約25%高い音になります。